Taro Morimoto / 森本太郎

about

Taro Morimoto chooses motifs from the scenery in his surroundings and from printed materials, and converts them to countless colored areas by simplifying them on his computer. The abstract images are then traced onto the canvas, which serves as the starting point for his unique method of painting.
First, Morimoto uses pastry bags, normally used to make treats, to create thin protruding outlines around the colored areas. These outlines serve as partitions on the canvas, like the contours used to show height on maps, and act as borders for the painting stage. Then he recreates the colors he preselected on the computer evenly across the colored areas. It is in this way that the abstract images, created by his computer without any intervention by Morimoto, become beautiful collections of colored areas through the hands-on work of a craftsman, resulting in uniquely real reliefs. Morimoto’s paintings draw in their viewers, and are sources of endless depth.

森本太郎は、身の回りにある風景や印刷物などからモチーフを選び、それをコンピューター上で単純化させていくことで無数の色面へと変換します。この抽象化されたイメージはキャンバスにトレースされますが、ここから独特な手法を用いた絵画化が始まります。
まず森本は、色面の輪郭に菓子作りに使う絞り袋を用いて細い堤防を作ります。この輪郭線は、地図上の等高線のようにキャンバス上の仕切りとなり、次に色面を塗っていく際の境界となります。色面にはあらかじめコンピューター上で決めておいた色を忠実に再現し均一に塗っていきます。このように、いわば森本の意思を必要とせずコンピューターによって抽象化されたイメージは、最後は職人的な手作業を経て美しい色面の集合体として、さらにレリーフのような独特の立体感をもって現れます。このようにして完成する彼のモチーフは、まるで強力な磁場があるかのように私たちを惹きつけます。それは作家がモチーフに見出す本質的な部分-作家の意識のありよう-がそぎ落とされず残るからで、私たちは画面の美しさに視覚的、触覚的な好奇心をくすぐられながら、この本質と私たち固有の記憶や思考を結んでは離し、そして飛躍する体験を享受します。

Taro Morimoto / 森本太郎

download
profile (PDF)

Photo: Yuichi Minamiguchi

exhibitions
selected artworks
la lumière #8, 2009

Taro Morimoto / 森本太郎

記憶に咲く / Bloom in memories, 2014

Taro Morimoto / 森本太郎

ミラノの花 #15 / Flower in Milan #15, 2013 – 2014

Taro Morimoto / 森本太郎

coton, 2019

Taro Morimoto / 森本太郎

news