母袋 俊也〈Qfキューブ〉−像が積層する立方体そして絵画の位置

母袋俊也は、絵画は現実世界(Real)ともう一つの世界(Idea)がわずかに重なり合う場所に位置し、ideaの表象を使命として像を結ぶと考えています。本展の<Qfキューブ>はその架空空間で結ばれる像が積層されていくさまであり、絵画とは?との問いも私たちに投げかけます。また画集『母袋俊也 浮かぶ像-絵画の位置』刊行を記念したギャラリートークも開催いたします。ぜひご高覧ください。
Read more (詳細はこちら)