松本 三和  天辺懸けたか    6/13–7/9

松本三和はキャンバスにオイルバーで線をひき、描いていきます。日常の何気ない光景や自然から必要なものだけを選びとったイメージは、それらに宿るなにものか、そしてそのずっと奥にあるものを私たちに想わせてくれます。本展では2000年から2016年頃までの作品を振り返りながら、一時制作から離れていた作家がまた絵を描くことに向き合い出した今に立ち会っていただく機会になります。
Read more (詳細はこちら)