瀬田 哲司  パラレルワールド/併行世界

瀬田哲司は、主にヨーロッパで古い歴史を持つメダルの伝統的で閉じられた丸い形態を、開放的で立体的な二層の構造にするのと同時に、かつては戦争や結婚のような「メダルが作られるべき特別なイベント」を極めて日常的な瞬間に置き換えて、この並列させた2つの瞬間に自然からの要素を加えることで意味を生成しています。このような幾何学的な形と自然から拾ってきた小さな形を組み合わせる独自のスタイルと鋳造技術の高さで、瀬田哲司の作品はコンテンポラリーアートメダルの分野で注目されています。本展では、近年の仕上げの技術をさらに洗練させた新作をご紹介いたします。

*Artsyでもご紹介しています→ https://www.artsy.net/gallery-taga-2/artist/tetsuji-seta

Read more (詳細はこちら)